<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.04.02 Wednesday | - | - | -
ワールド・フィギュアスケート 31
JUGEMテーマ:スポーツ


ワールド・フィギュアスケート 31 (31)
さすがシーズン真っ只中。この前30号が発売されたばっかりな気がするのに、もう31号が発売。
表紙は、NHK杯2連覇記念というわけで(?)高橋くん。
裏表紙はガチンスキーくん・・・だよね?
中表紙は奈也ちゃん@EX。きゃー、かーわいいっ!
(その隣の広告ページのCDジャケットの中野友加里ちゃんもカワイイ^^)

まずGPシリーズのレビュー記事から。
グランプリ・ファイナルの記事は、なんか、やたらドムシャバの存在感があるような!
NHK杯の記事にはバンケットの写真も。恒例の日本女子選手振袖写真。キャシーさんも振り袖だ^^3人とも似合ってます!ロシアチームが笑えるというか、なんか・・・良い!普段着の人が一人混じってるし(笑)
昨シーズンは何故か省略されてたに等しかったフランス大会、ロシア大会も、今シーズンは、ちゃんとした記事がありました。良かったー。日本文がぎこちないのは(いつものことながら)気になるけど、癒される写真満載なので、ま、ええか。
フランス大会は、ヴォロノフくん応援組としては、もう少しヴォロノフくんにもスポットを当てて欲しかったところではありますが、次号あたりでロシア国内選の記事が載ることを期待しておりますよ^^
しかし、毎号、思うんやけど、試合の記事は、時系列に構成して欲しいんだよねぇ。
確かに、ファイナルが一番大きなイベントではあるし、だからトップに持ってきたんだとは思うんだけど、ファイナルの記事を読んだ後に、GP各試合のレビューやインタビューを読むと、なんか「ん?」と思うことが多いからね。
とりあえず私は、早く中国大会以降のペアとアイスダンスを観なくては・・・(ゆっくりじっくり観ようと思って、逆になかなか観られない(汗))

インタビューは、ライサくん(なんか珍しいような?と思ったら、単独インタビューが載るのは2年ぶりだって!)、武田奈也ちゃん、グリアゼフさん、カー姉弟(ODのキルトについても^^)といったところ?ちょっと今号は少な目かな?

注目特集は、長野五輪のプレイバック。藤森美恵子さんが当時のエピソードを語ってくれています。
写真もいっぱいで懐かしいー。みんな若いし!(笑)
そっかー、もう、10年前になるんだねぇ。今年は10年メモリアルのイベントが色々と開催されるようですね。

そして、長野五輪つながりでなのか、ストイコの特集が!
現在はカンフーの世界で活躍しているとのこと。日本のファンへのメッセージも嬉しいねぇ^^

お、なんかイエテボリ世界選手権の紹介記事が載ってる。スウェーデンのスケーターの歴史と、ベルントソンくんも紹介されてるわ。
へー、観戦ツアーとかもあるんだー。(試しにこの旅行会社のHPを覗いてみたら、ものすごく金額が高くてびっくりしましたが(汗))

全日本ジュニアについては、なかなか丁寧な記事が。
テレビでは放送されなかった選手まで、しっかり写真も掲載されてるのも良いですな。

反面、ジュニアのGPファイナルは、もう少しきちんとした記事が欲しかったなぁ。
でも、結果ページにはちゃんと全種目の表彰台の写真が。
バザロワちゃん美少女すぎ&ユーリくん熟成しすぎ!で、やっぱし、このペアは良いわーと(笑)
クラシニコワちゃんが大きくなってる気がする。

さて、32号発売は2月下旬予定とのこと。(予告ページがベルネルくんや^^)
次号の表紙は誰かなー?ここのとこ男子が続いてるので、欧州選手権を連覇してもらってコストナーあたりはどうでしょう?
2008.01.11 Friday | フィギュアスケートの本・コミック | comments(9) | -
スポンサーサイト
2014.04.02 Wednesday | - | - | -
<< False Start お年玉バトン 2008 | main | 第5回京都フィギュアスケートフェスティバル >>
コメント
 ハイ。見ました、みました、恒例の立ち読みですけど。
 ねこ様のおっしゃるとおり、GPシリーズの記事は、
あっちにとんだり、こっちにとんだり、非常に読みにくかったですね。
やはりこういうものは、時系列でお願いしたいものです。
 
 個人的にツボだったのは、プラトフさんです。
ナガノ10年メモリアルの藤森さんの思い出記事や、
カー(ケアと言うんですね。)姉弟のインタビュー記事
の両方で誉められていた、コーチのプラトフさんです。
NHK杯のキス&クライでも、素敵な姿が映ってましたね。
上質のウールのコートが品良く似合う、ナイスミドルになられて。
(イケメンって、大方があまりよい老け方はしないのにもかかわらず。)
 ニコライといい、プラトフさんといい、ズーリンさんと言い…。
当時いろいろとあった方々が、今ではすっかり名指導者に。
 10年ひと昔。時はたったもんだ…
すっかり思い出おばばでございます。
 PS.次号の表紙ですが。コストナーちゃん、よいですね!
ぜひとも女性(女子)でお願いしたいものです。
| みんみん | 2008/01/11 11:17 PM |
*みんみんさま
>あっちにとんだり、こっちにとんだり
やっぱし思いますよね。
もうちょっと、雑誌全体でまとめて欲しいですねー。
>当時いろいろとあった方々が、今ではすっかり名指導者に
こうして「続いている」のが嬉しいですよね^^
そして、当時、ちゃんとアイスダンスを観ていなかった私は、何故観てなかったんだ!と、更に後悔が高まるのでした^^;
>10年ひと昔
しかし、長野が10年前なんですよねぇ。早いですね・・・(汗)
>次号の表紙ですが。コストナーちゃん
華やかで良いですよねー^^
しかし、毎号、希望を書いてますが、希望がかなったことがないなぁ(笑)
| ねこきち@管理人 | 2008/01/13 2:51 AM |
地元の本屋んあいようなのでどうしようか迷い中です。
が、なつかしい名前が!
グリシュク・プラトフはトービル・ディーンの次に好きなアイスダンス・ぺアでした。美男美女でステップがすごかった記憶が。
当時は今のように情報がなかったのですが、その後、いろいろあったのですね・・・。
キスクラみると、なつかしい選手がコーチとしてすわっていたりして、
キスクラみるのに別なたのしみができてます。
| ゆい | 2008/01/13 5:42 PM |
*ゆいさま
>グリシュク・プラトフ
長野五輪の記事には、写真も載っていましたよー
>当時は今のように情報がなかったのですが
本もたくさん発売され、ネットも普及してる今は、ホントに幸せですよね。
>キスクラみるのに別なたのしみが
ですね^^
| ねこきち@管理人 | 2008/01/14 1:09 AM |
こんにちは。まだ飛ばし飛ばしですが読みました!
30号がかなりお得感があったせいか、なんだか今回はちょっと記事薄めかな・・という印象。長野をあまり観ていなかったせいでプレイバックがあまり楽しめないせいもあるかもしれませんが。(なんで開会式とか閉会式とかばっか覚えているんだろう・・涙)
>日本語がぎこちない、私も気になります・・明らかに海外の記事から訳した囲み記事はともかくとして、メイン記事も海外の方に執筆依頼しているんでしょうか?
しかし、記事はともかく選手のインタビューは、訳し方によって印象ががらりと変わっちゃいますよね。今回のライザチェック選手のインタビューは・・強固な意志といえば聞こえはいいけれど、どことなく高慢な印象を感じて(汗)。話している内容ではなく全体の雰囲気からなんで、訳した人が彼のはっきりとした物腰を前面に出した結果、ということにしよう・・と思います。
バトル選手は世慣れてて、ランビエール選手は誠実で、ジュベール選手は律儀で、ウィアー選手は率直・・と選手の語り口や物腰から選手の印象はできますし、それで好感を持ったり、ちょっとどうかしら?と思ったりすることも多いので、翻訳って難しいですよね。
| タキ | 2008/01/14 10:49 AM |
私も買いました<31>。MOIの時になみはやドームでお先買いしまして。
その時はあまり気にならなかったんですが最近、膨大なハードディスクを整理するべくDVDに貼るラベルを作っていた時に、うっかり<31>を参考にしてしまい、えらいカン狂いました。時系列順になっていた方が、記憶も追いやすいというのは同感です!
そして、タキ様のご意見、実は私もライサテェックの記事に、少し高ビーな印象を受けたんですよう。こっちの頭ですごくイイ感じに解釈しなおしながら読みました。(ストイックなアスリートのイメージで)別に悪意もないでしょうしね。ホント、翻訳って解釈の世界だから、難しいですね。
しかし、ファイナルの記事中、ケビン君の記載がいっさいないのは寂しかったような。民放放送でも謀殺されていたのに。なんの情報も得られなかったなー。記事に出来ないような内容だったワケじゃないよねー。
長野は特集がいちいち懐かしくって、一緒にしばし時を越えて10年前を振り返ってしまった。あまりいい想い出はなかったが。
| mini1888 | 2008/01/14 11:34 PM |
*タキさま
こんにちは^^
>今回はちょっと記事薄めかな・・と
あー、私も、ちょっと思いましたねー。前号が盛りだくさんすぎたのかもしれないですけど^^
>メイン記事も海外の方に
WFSは、以前からそうですね。別にそれは良いんですけど、せっかく日本の雑誌なんだから、もう少し、「原文が見えてこない」文章を読みたいです・・・
>ライザチェック選手のインタビュー
文頭に「率直で気持ちの良い青年」ってフォロー(笑)が入ってるのは、インタビューをした田村さんも、日本語にするとちょっとキツイかも?と思ったからかな?と思いました^^
そういえば、以前はメインのインタビューには英文も併記されてたと思うんですが、最近は載ってないですねー。
>選手の語り口や物腰から選手の印象はできますし
それぞれ選手に持ってる印象は違うものだし、それとずれていると、どうしても違う!と思ってしまうわけで、ホント、翻訳って難しいです。

*mini1888さま
>うっかり<31>を参考にしてしまい
それは大混乱でしたね・・・
別に、時系列に記事を並べても不都合は無いと思うんですけど、なんでなんでしょうねー?
>すごくイイ感じに解釈しなおしながら
私もいつも、ライサくんのインタビューを読むときには、「何だかアメリカ人ーな発言してるけど、実は優しくて真面目で良い奴なんだよー」って、脳内でイイ感じに解釈しなおしてます(笑)でも、こういうニュアンスを翻訳の日本文に出せと言われれば・・・難しいですよねぇ。あまり翻訳者の解釈が入りすぎるのも良くないし。ホント、翻訳って難しいーっ!
>ファイナルの記事中、ケビン君の記載がいっさいないのは
確かに、サクっとスルーされてますね(汗)せっかく綺麗な4−3を跳んだのにっ!
欧州選手権では、スルーできない活躍をっ!!!
>一緒にしばし時を越えて
懐かしい特集でしたねー^^
しかし、もう、10年前なんですねー・・・(遠い目)
| ねこきち@管理人 | 2008/01/15 10:39 AM |
暁であります。
今回、30号と31号まとめ買いしました。
30号のジュベールのインタビューを見て、「プログラムを変えるのは少しずつ」という内容を見て、ちゃんと考えているんだな…と初めて知りました。
少し前まで変えないのを変な感じに思ってしまって、ジュベール選手、スミマセンm(_ _)m
WFSの写真は本当にきれいで、31号の武田さんの写真には思わずドキッとしてしまいました(^^;)
なかなか時間がなくて隅々まで見ることが出来ないのですが、スケートをかなりいろいろ知ることが出来るので、次号も楽しみです^^)
| 暁 | 2008/01/16 7:09 PM |
*暁さま
>変えないのを変な感じに
一般的には、2年連続で同じプログラムを使うのは普通だと思いますよ。
同じプログラムであっても、同じ演技は二度と無いのがフィギュアスケートの面白いところです。
>WFSの写真は本当にきれいで
選手の表情を引き出した良い写真が多いですよね。
次号も楽しみですね^^
| ねこきち@管理人 | 2008/01/17 8:35 AM |
コメントする









当館のアイドル・ネココちゃん