<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.04.02 Wednesday | - | - | -
チャルダッシュ
チャルダッシュ
チャルダッシュ
オムニバス

浅田真央、村主章枝、安藤美姫、中野友加里、高橋大輔、織田信成、小塚崇彦、そして何故かエミリー・ヒューズの今シーズンの使用曲を集めたCDが出ました。
昨シーズンに比べて発売が早く、なかなかタイムリー。
12月27日発売とのことでしたが、今日、早速、届きました。
モンティ:チャルダッシュ
(浅田真央:フリー)
この曲って強烈だよねぇ。気が付くと頭の中でずっと鳴ってたり、皿を洗いながら歌ってたりします・・・。
これが、実際に真央ちゃんが使用している演奏というのが、このCDの売りです^^。

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64 第1楽章<抜粋>
(安藤美姫:フリー)
超有名ヴァイオリン協奏曲。
しかし、フリー・SP両方ともを、何もこんなベタベタな有名曲を選ばんでも・・っていう気もしないでもないけどね^^
で、<抜粋>ってどういうこと?編集してあるってこと?と思ったら、途中でフェードアウトしていくということなのね。

リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード〜千夜一夜物語」作品35
第4楽章/第3楽章<抜粋>
(安藤美姫:SP)
何で第4楽章が先に入ってるんだ?4楽章の方が有名だから?(笑)
このSPは、ミキティの名プログラムになりそうだね。

ショパン:夜想曲第2番変ホ長調 作品9-2
(浅田真央:SP)
シュデク夫妻のフリーでも使われてます。

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35 第1楽章<抜粋>
(高橋大輔:SP)
わ〜ん、やっぱしチャイコフスキーって良い〜っ!
げっ、何でこんな中途半端な抜粋の仕方なのか・・・。
やっぱしちゃんとしたCD買おう。

プロコフィエフ:バレエ音楽『シンデレラ』第1幕より
第3曲「シンデレラ」/第17曲「出発の中断」
(中野友加里:フリー)
曲名は見かけるんだけど、実際に聴いたことなかったんだよね。
ちょっと全曲CDを買うのもなぁ・・と思ってたんで、こういう形で収録されてるのは嬉しい。
プログラム的には(今のところ)微妙?っていう印象だけど、曲としては、プロコフィエフ〜な感じで、面白いな。
バレエも見てみたいかも。

トンツィ・フーリッツィ:クロディーヌ
(中野友加里:エキシビション)
マキシムの1枚目に入ってる曲ですな。
P氏がマキシムの全CDを購入したため、現在、我が家はマキシム祭り。

チャイコフスキー:交響曲 第4番 ヘ短調 作品36 第1楽章/第2楽章
(織田信成:フリー)
わ〜ん、やっぱしチャイコフスキーって良い〜っ!(再)
げっ、何でこんな中途半端な抜粋の仕方なのか・・・。(再)
やっぱしちゃんとしたCD買おう。(再)

カール・ジェンキンス:ソング・オブ・ザ・スピリット 〜魂の歌
(村主章枝:フリー)
おおっ、(もう、どう聴いても)村主さんの曲だっ!(笑)
曲としても、すごく不思議で面白いな〜。

ドリーブ:バレエ音楽『シルヴィア』第3曲「狩りの女神(ファランドール)」
(エミリー・ヒューズ:フリー)
どーう考えても、この曲使ってるのエミリーしかいないよね?謎の選曲だ(笑)。
でも、この曲ってええな〜と思ってたんで、入ってて嬉しい。
「純潔の女神に仕えるシルヴィアたちは、愛の神エロスの像に侮辱するような態度を示す」・・・えっ、そういうシーンの曲なん?(笑)

ビゼー:ハバネラ 〜歌劇『カルメン』より
(浅田真央:エキシビション)
これは〜、真央ちゃんの曲というよりは、「(好きな選手の名前をお入れください)」の曲だよねー!
・・って感じです。

ショパン:ピアノ協奏曲 第2番<抜粋>
(小塚崇彦:フリー)
恐ろしくピアノの旋律の似合う男だねぇ・・。昨シーズンもピアノコンチェルトだったよね?(ガーシュインだっけ?)
ああ、また中途半端にフェードアウトして終わった・・・。

ラヴェル:ボレロ<抜粋>
(村主章枝:SP)
これも<抜粋>って、どう抜粋なんだ?と思ったら、いきなり大音量!!
う、うーん・・・、こんなんボレロじゃない(笑)
その点、村主さんのプログラムの編曲って、2分40秒という短い時間で、きちんとボレロらしく仕上がってて上手いな〜。
しかし、村主さんの所属するavexこそ、率先してこういうCDを出していかなくちゃいけないんじゃないかな?出遅れてるやん?

・・と、まぁ、<抜粋>が多くて、「曲として」楽しむには難のあるCDだとは思います。
でも、簡単なものだけど1曲1曲の解説はちゃんとついてるし、どんな曲か聴いてみたい、フィギュアスケートの気分を味わいたい、という需要には合致してるかな。
昔、クラシックの有名旋律ばっかり集めたCDっていうのがあった気がするけど、あれに近いような印象も。でも、抜粋といっても割と長めではあるし、実際に選手が使っている旋律はしっかりと入ってます。
「やっぱしチャイコフスキーの交響曲4番とヴァイオリンコンチェルトは、別途全曲入りCDを買おう!」・・と思った私のように、導入的に聴くと良いかと。
2,000円というお値段を考えても、まぁ、悪くない感じです。
2006.12.27 Wednesday | フィギュアスケートの音楽 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2014.04.02 Wednesday | - | - | -
<< GPファイナルエキシビ | main | 全日本選手権、男子SP >>
コメント
私もトリノでの大ちゃんのラフマニノフが凄く好きで、CD買ったんですよ。今年のチャイコはもともと好きな曲だったので持っていたんですが、やっぱり抜粋だと欲求不満になっちゃいますよね。でも全部買うと高いし、確かにお値段を考えると安いかもしれません。
フィギュアは選曲もとても楽しみにしているんです。選手によっても合う合わないってありますよね。「秋によせて」もハンガリーの彼女より去年ウィアー君が滑った時の方がより優雅だと感じてしまったのはなぜかしら(笑)
| だやん | 2006/12/27 5:59 PM |
*だやんさま
>でも全部買うと高いし
そうなんですよね!お金があるなら全部買うんですけど、もちろん無理(笑)
>「秋によせて」
ジョニーくんのは、もう私には特別です^^誰が滑っても、多分一生ジョニーくんの曲としか聞こえないです(笑)
でも、セベスチャンの雰囲気の出し方も好きですし、武田奈也ちゃんのも好きです^^
| ねこきち@管理人 | 2006/12/28 8:16 AM |
なぜ、日本人選手の中にエミリーだけ? 面白い構成ですねぇ(^^;)。
>「魂の歌」、どう聴いても村主さんの曲!
あはは〜、わかります、好きな選手が滑っているのを何度も聞いていると、もう頭の中で自然に演技が流れてきますよね〜。

よく、クラシックは指揮者や演奏者でまったく違うからCDも迷うことがある・・・と聞きますけれど、これはフィギュアそのものでした? それなら純粋にフィギュアファンとして聴いて楽しめるかもしれませんね。

バレエ曲は、私は先にバレエが頭に入ってしまっているので、「シンデレラ」「シルヴィア」「ボレロ」はどうしても芸術面で点をからくみてしまいがち・・・。
でも、村主さんの演技は見事だよなぁ・・・といつも感心します。
| ひととき | 2006/12/28 9:17 AM |
*ひとときさま
エミリー、謎です(笑)
クラシック系で固めたからこうなったのかな?
>クラシックは指揮者や演奏者でまったく違うから
私が前から持ってたラフマニの2番がそうでした。
もちろん、それまでは普通に聞いてたのに、今は聞くたび、「ストレートラインステップ、遅っ!」と思ってしまうので聞けません。(笑)
このCDに収められてる曲は、どれも割と違和感が無かった気がします。
バレエファンのおめがねにもかなう村主さんは、さすがですねーっ!

ブログの件、了解です^^
2ブログ管理は大変ですよね・・・。(しみじみ・・)
| ねこきち@管理人 | 2006/12/28 10:12 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akaneko.jugem.jp/trackback/240
トラックバック
当館のアイドル・ネココちゃん