<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.04.02 Wednesday | - | - | -
野辺山サマーフェスティバル2006
この週末は、長野県と山梨県を旅行してきました。
はい、野辺山のアイスショーを観に。(で、ついでに小旅行。)
チケットは、一般販売チケット発売当日に電話をかけたところ、5分ほどでつながり、無事購入。
あっけなく買えたんで、あまり行く人いないのかな〜?と思いきや、すぐに完売になっていたようなんで、運が良かったんでしょう。

会場の帝産ロッヂに到着すると、すでに長蛇の列。
アイスクリスタル会員の人と、一般販売の人は並ぶ列が違って、しかも、一般販売チケットは、ほどんど地元の人の様子で、あまりスケートに詳しくない人も多いみたい。
「荒川しずは来ないのかしら〜?」なーんて話している後ろの人に、「それ、誰やねん!」と突っ込みたい気持ちを抑えるのに必死(笑)。
13時半の開場になると、アイスクリスタル会員の列が先に会場入り。
一般販売列は、なかなか進まず、結局、全員中に入れたのは、開演時間の14時を過ぎていたような気がする。

座席配置は、アイスクリスタル席が正面の良い席で、一般席はサイドの席。
何で、アイスクリスタルの人の方がチケット代が高いんだろ〜?と思ってたら、そういう訳だったんやね。
サイド席のほぼ真ん中に席をゲット。ストレートラインステップが、真正面に見える位置。
普通のリンクだから、サイド側のリンクにはポールが立ってて邪魔だけど、かなりリンクが近いので嬉しい〜。

もらったプログラムを見ると、あれ?村主さんが出場選手に載ってなくて、選手紹介は一人だけ別紙の状態で挟まってる。ん?これは出るってこと?出ないってこと?
進行表(滑走順)も無いし、訳わかんない。

村長さん(?)のあいさつ、荒川さんからのメッセージ(録音)があり、アイスショーがスタート。


神宮外苑シンクロナイズドスケーティングジュニアチーム
「ムーラン」。東洋っぽい、紫の衣装が可愛い。
シンクロって初めて見るけど、面白い〜。
でも、初めて観るから、拍手のタイミングとかが、よく分からない〜(笑)。
ま、ちょっと、あまりにもバラバラだったのは、仕方ないかな?^^
これがピタッとそろうと、ホントにすごいだろうな〜。

男子SP
6分間練習もあるのね?でも、織田、高橋がいませんけど〜???何で?

柴田嶺
曲はマキシムで、水色の衣装。
噂のビールマンスピンも綺麗だわ〜・・・。(前にテレビで観たときはやってなかった気がする。)
これはファンが多いのも納得。
ただ、この選曲と衣装がジョニー・ウィアーの昨シーズンのフリーを彷彿とさせるし、手の使い方や雰囲気も、本人が意識してるのか、中性的な雰囲気のためなのか、ジョニーくんに似てる。
似てるっていう印象を持たれちゃうのって、もったいないと思うんだけど。

南里康晴
赤い衣装でスペイン風の曲。
なかなか良かったと思う。
ただ、あまりにもテンポが速すぎる曲なんで、ちょっと難しいんじゃないかな〜。

中庭健介
中庭くんって、初めて観たときに小さい選手だな〜と思ったんだけど、テレビとか写真だと結構大きく見えるんで、うーん?私の勘違いだったか?と思ってたんだけど、ああ、やっぱし小柄だよねぇ。
「アランフェス」に乗せてしっとりと。
うーん、こういう雰囲気の出し方は断然上手い。しかも、すごく似合ってるわ〜。
しかし、SPなのに、誰もコンビネーションを跳ばないな、と思っていたんだけど、さすが中庭くんはやってくれます!
4回転からのコンビネーション!
ふたつ目はオーバーターンしちゃったけど、4回転は成功!
ちょうどサイド席のまん前だったこともあって、「おおっ!」という歓声が上がる。

「織田選手の登場です」とアナウンスがかかり、ジャージ姿の織田くんが、マイクを手に登場。
え?怪我か何か?と、一瞬ドキっとしたものの、何でも、まだエキシビが完成していないんで、SPをエキシビの方で滑るから、今は滑ることが出来ません、ごめんなさい、とのこと。
あらら、残念。

高橋大輔
高橋くんもSPが出来てないんで、エキシビを滑りますとのこと。
「ロクサーヌ」かな?と思ったら、「シークレットガーデン」だった。
高いジャンプに、客席からは「おおっ」という声。
高橋くんって、ジャンプの高さが違うわ〜。

女子SP
6分間練習
あれ?また3人しかいないし〜。他の人は〜?

太田由希奈
わ〜、ゆきなちゃんだ〜。
演技前に、「由希奈ちゃーん!」という男の人の声援が飛ぶ^^。
クラシックの曲だけど、はて、聴いたことがあるような、何の曲だっけ・・?と考えてたら、有名な旋律が入り、ああ、「白鳥の湖」だ〜と気が付く。
衣装が黒いということは、黒鳥なのかな?
もっと弱弱しい雰囲気の選手かと思ってたんだけど、そんなことはないんだね。
イナバウアーは短くて残念だったけど、とにかくスパイラルが、むちゃくちゃ綺麗なんですけど〜!!!

澤田亜紀
ジャズ調の曲。
ふさふさしたポニーテール風の髪型で、少し背が高く見えるのが良い感じ。
ジャンプは、あの角度でよく降りられるな〜と感心。
もうちょっと体が絞れてくると綺麗なんだけどな、とか、スパイラルは・・とか、課題はあると思うけど、リンクいっぱいに広がる元気さと可愛さで、とにかく見ていて嬉しくなる。

安藤美姫
黒くて赤い縁取りのある衣装が素敵。
可愛いな〜。それに、絶対細くなったよね!
エキシビだというスパニッシュな曲。
ん?でもこれって、ホントにエキシビ?
スパニッシュな雰囲気って、ミキティに似合ってると思ってたけど、このプログラムは全然ピンと来ない。まぁ、まだまだできたばっかりなんかな?
演技が終わると、客席の子どもたちが大量にダッシュ!
少しでもミキティを近くで観たい!というわけで、控え室に戻るところを見に行ったらしい^^。さすが、大人気なんやな〜。
でも、シンクロの人がスタンバイしてるのに、それは全然観てないわけで、かなり失礼。引率の先生らしき人、ちゃんと指導してよ〜。

東京女子体育大学
さっきのジュニアの子たちよりは、かなり上手いかな^^。
でも、やっぱしちょっとバラバラ気味かも^^。
シンクロって、もう少し上方から観たほうが、全体の形が見えて面白いんじゃないかな?と思う。

20分ほどの休憩。
進行表を手にしている人を見かけたんで、受付に行って聞いてみると、「あったんですけど〜、全部なくなっちゃったんです〜」と、悪びれもなく、あっけらかんと返事が。
なんじゃ、そりゃ?
人数は初めから分かってるんだし、人数分印刷することは難しくないと思うんですけど・・・?
私も含め、ショーの構成がどうなってるのか、訳が分からず観ていた人が、かなりいたんですけどね。

第2部は、エキシビということらしいです。

無良崇人
しっとりとしたボーカル入りの曲。
何だか、エッジの音が全く聞こえないのは、それだけスケーティングが綺麗ということ?

水津瑠美
初めて観る選手。
エキシビということだったけど、フリープログラムを滑ってたような印象。
ビールマンもできるし、上手いな〜。
日本女子って、ホンマにレベルが高いです。

柴田嶺
き、綺麗やわ〜。スピンは多彩で素敵やし、スパイラルは一般的な女子選手より、断然綺麗なんですけどっ!
SPより、こっちの方が良かったな。
うっとりと堪能。
ただ、エッジの音がえらく大きいような感じがして気になりましたけど。

武田奈也
パンツルック。曲は多分「Everybody dance now」。
ノリノリの曲だったけど、途中で疲れちゃったかな^^。
期待してた奈也ちゃんだけど、ちょっと印象は薄かったかも。

南里康晴
去年のSPかフリーだったレーサーのプログラム。
これって、やっぱしエキシビ向きだよね〜。試合だとなんやねん?と思ったけど、エキシビだと面白くて楽しめるプログラム。
去年はジャンプ後の流れが無いことがすごく気になったけど、今回はそうでもなかったような?

澤田亜紀
花傘を手に滑るのって、やっぱり難しそう〜。スピンのバランスとか、かなり取りにくいと思うんだけど〜。
花傘がパッと開くところは、位置的にあまり効果的に見えなくて、ちょっと残念。
3連続コンビネーション(シークエンスだったかも?)は、3つ目が決まらなくて惜しかった^^。
いや〜、でも、ホントに可愛いな〜。

中庭健介
登場すると、客席では、「海猿だ」「海猿だ」と、ざわざわ^^。
きちんとストーリーになってて面白い。
さすが中庭くんです。
これでジャンプがばしっと決まってれば、もっと印象が良かったんだけど。

太田由希奈
サラ・ブライトマン「anytime, anywhere」。
なんと、「上体を大きくそらせたイナ・バウアー」をやってくれて、びっくり!かなり綺麗です!!
スピンもスパイラルも、本っ当〜〜に素晴らしい〜っ!!!
ただ、ジャンプだけがやっぱり不安な感じで、SPもこちらもトリプルは跳んでないんじゃないかな?
ラストは180度開脚で、おおっと歓声が上がる。
確実に、会場の雰囲気が変わりました。
いや〜、素晴らしい。

織田信成
「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」。
滑り込みが足りないせいなのか、イマイチ、ピンと来ないプログラムかも。
個人的には、無理に大人っぽいのを滑らなくても・・とも思うんだけど、まぁ、色々やって、成長してもらわなければ^^。
けど、うーん、ステップが弱いのが本当に気になる。ちょっとジャンプもいつものキレは無かったようだし。
でもスピンは文句無く素敵でした。
しかし、ラストのポーズは、ホントにあれで良いのか?(笑)

安藤美姫
「I Believe」の英語版。
第1部では、全然ピンと来なかったけど、これは良いわ〜!
動きが生き生きしてて、でも、曲に合わせたしっとりとした雰囲気も出ていて素敵。
ストレートラインステップの初めで、サイドの客席側を向いて、「にっこり」^−^。
うううううううわ〜っ、本当にミキティって可愛い〜!
あの微笑みで、確実に30人(推定)はファンが増えました(笑)。
ええ、私もあの微笑みにやられましたよっ!
本当に可愛いわ〜・・・。
テレビで観るより、ずっと可愛かった〜。

高橋大輔
ロクサーヌ」のボーカル入り。
本当に素晴らしかった。
ジャンプも高くて綺麗に決まってたし、ステップは、何故あんなにすごいのか。
この滑りは、文句無く日本のエースでしょう。
アイスクリスタル側の客席に、異常に盛り上がっておかしくなってるお客さんが^^;
そのおかげもあるのか、本人も、かなりノリノリだったと見る^^。
アイスクリスタル席では、文句なしのスタンディングオベーション。一般席で立ち上がってる人はいなかったんで立ち上がらなかったけど、気持ちはスタンディングオベーションでしたよ。
いや〜、良いもの観た。

村主章枝
この雰囲気の中、次に滑る人は大変・・と思いきや、そこはさすがの村主さん。客席からの大歓声もあり、一気に村主さんの世界。
この白い衣装は、最近ネットニュースで見かけた「ナルニア国」かな?
最初、あの肩から掛けてるタスキは何ぞや?と思いきや、タスキがパッと広がり、実はスカーフ。それを使いながらスピンを回ったりと、さすが〜。
ジャンプは、サルコウ(たぶん)とルッツで、ちょっと流れはなかったけど成功^^。
ストレートラインのステップが、可憐で、ホントに素敵だったな〜。
お得意高速スピンで盛り上がり、ラストかと思いきや、再びスカーフを手にし、体をスカーフで覆ってラスト。
すぐにアンコールが起こって、期待通り高速スピンで嬉しい^^。


グランドフィナーレ
シンクロの選手も交えて全員登場。
着替える時間のなかった村主さんを除いて、シングルの女子選手たちはジーンズ姿に変わってる^^。
全員でシンクロでは、男子も片足を上げたスパイラルをしていて笑える〜。
数名、異常に高速スピンをしてる人たち(いや、もちろん、村主、織田、高橋あたりなんですけど^^)がいて、面白い。
ラストはお決まりの、リンクサイドを周って客席タッチ。
前の席の人は、リンクサイドに駆けつけてたけど、私の席は後ろだったんで残念〜。
村主さんが、やっぱし一番人気のようで、なかなか一周できず。
一応、フィナーレで全員で挨拶をした後も、周りきれなかった場所を、きちんと周っていたのが、彼女らしいな〜と印象に残った。


終了した後も、混雑しているので、最後までゆっくり座って、ほぼラストに会場を出る。
会場の外から記者会見の様子が見えて、あれ?村主さんだわ〜。
しばらくぼーっと見てると記者会見が終わり、あらら、普通に正面玄関から村主さん登場。
サインをもらえるかも!と、駆けつけたんだけど、マネージャー(?)らしき人が「時間が無いんですみません〜」というわけで、すぐに車に乗り込んでしまい、私はもらうことはできなかった。(でも、子どもを中心に、できるだけサインをしてあげていました。)
かなり間近で見た村主さんは、テレビと一緒でした(笑)。
サインねらいじゃなくて、写真を撮ればよかったよ・・と後悔^^。
「応援してます〜」と声を掛けたんだけど、聞こえていたかどうかは「?」
でも、あまりにも堂々と出てきたためか、気が付かなかった人も多かったようなんで、ラッキーだったかな^^。

村主さんを見られたので満足して駐車場に向かう。
立派な車がやってきたので、あれも誰か選手の車かな〜と思ってふと見ると、助手席にいるのがアプトに見えるんですけど?え?来てるのっ?!
その後、車で会場横を通ると、中庭くん、澤田亜紀ちゃん、南里くんあたりを見かけた。
あら、もうちょっと外で待ってれば良かったかな^^。


・・というわけで、楽しかったです♪
地元の人が多いためか、バタバタ客席を歩き回る人もいたりして、ちょっと落ち着かなかったけど、まぁ、4000円というチケット代で、あんなに近くで演技を観られたので満足であります。
ただ、地元の人にとっては、何でアイスクリスタルの人だけ良い席なの〜?とか感じないのかな?とか、色々思ったけど。(チケット代が違うこととか知ってるとも思えないし〜。)
地元住民へのサービスという面と、ショーを観に来るお客さんを観光客として集めたいという思惑の両面が絡み合ってる感じが見え隠れ^^。
その辺りも含めて、実行委員会さん、もうちょっと頑張って欲しい。

しかし、野辺山という場所は、涼しいし、綺麗だし、とっても素敵な場所でありました。
(来年以降、どうなることやら、甚だ疑問だけど^^;、)来年もあれば、また行きたいな〜。
2006.08.01 Tuesday | アイスショー | comments(6) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2014.04.02 Wednesday | - | - | -
<< こんなところでつながりが | main | Dreams On Ice2006 >>
コメント
ねこきちさん、こんばんは。

野辺山行ったんですねー。うらやましいです。
日帰りは厳しいので、今回は断念しました・・・

なんといいますか、特に太田由希奈さんを見たかったです。

DOIの時は、目の前で滑っているという事実で、少し高ぶってしまったので、落ち着いて見たかったんです。

本当に都合さえあれば、涼しくて良さそうなので、旅行がてら行きたかったです。

来年も是非開催してくれる事を期待します。
| 47 | 2006/08/02 12:11 AM |
おはようござます。野辺山旅行お疲れ様でした。

村主さんの「ナルニア・・」はとても見たいと思っていたので羨ましいです。通常のEXとはまた一味違うと想像します。

そう!織田クンの最後のあのポーズは???余り突っ込んでいる人がいないみたいですが、どう考えても「ガキデカ」の”こまわり君”にしか見えないのですが・・・・・・・・
デビットはこまわり君なんて知らないでしょうし・・・
| みーちゃん | 2006/08/02 7:41 AM |
*47さま
こんにちは〜。
野辺山は、うちも日帰りでは無理なので当初は1泊で行くつもりだったんですが、もったいないので2泊してきました^^。
・・・お陰で高くつきましたけど(笑)、素敵な場所でしたよ〜。

私も、今回の大きな目的のひとつが、太田由希奈さんを生で観ることでした!
一般席のお客さんは、由希奈ちゃんのことはあまり知らない人も多かったと思うんですが、エキシビの演技の方では、明らかにみんな引き込まれていたと思います。
すごい選手です^^。

是非、来年も開催してもらいたいですね!


*みーちゃんさま
おはようございます〜。

「ナルニア」のDVDのイベントに参加した方がうらやましいですね〜!
今回のは、たぶんイベントで演じたのとは、だいぶ違うバージョンではないかと思います。
清涼な村主さんの姿が、未だに目に焼きついて離れません〜。また、スカーフの使い方が上手くて〜。(ちょっと綺麗に開いていないときもありましたが。)
ホントに素敵でした♪

>こまわり君
そうですよね!!!(笑)
そもそも、織田くんも、こまわり君を知らないかも知れませんね〜。
おしゃれなプログラムだと思うんですけど(滑りこなすの大変そう・・・)、あの最後のポーズですっかり笑いになってるような・・・。
| ねこきち@管理人 | 2006/08/02 8:48 AM |
いいな〜!いいな〜!
生ですね! 太田選手ですね!
DOIがBSで全選手放送ということで、そちらに期待大なのですが・・・。
村主さんはもちろんのこと、美姫ちゃんの評価が高いですよね〜。
トリノで一皮むけたのでしょうか? よい方向に向かっているようで嬉しい限りです。
もともと安藤選手の演技は好きだから、ここ2年くらいはもったいないなぁ〜と思っていました。
けれど、誰にでも壁はありますものね。

柴田くん、ジョニーっぽい!
わかります! ジュニアでしたっけ?見たときに思いました!
黄色い歓声の多い彼は、注目されるとそう言われそうですよね。
| ひととき | 2006/08/02 11:37 AM |
追加です。

「しずえ」さんに笑いました(爆)。
ぷっと吹き出しちゃいましたよ。
でも、地元からファンが増えていくのは良いことですものね。
進行表のウンヌンはともかく・・・(^^;)。
| ひととき | 2006/08/02 11:38 AM |
*ひとときさま
村主さん、太田さんも良かったんですけど、安藤さん、ホントに良かったですよ!
客席への「にっこり」も、素敵な演技があったからこそ映えていました^^。
今シーズンは、かなり期待大!ですね!

このアイスショー、すっかり地元の行事になってるようで、毎年来てるって話している人もいました^^。
そこかしこで、
「○○さん、この間はどうも〜」
「××ちゃん、何年生になったの〜?」
みたいな会話が繰り広げられてて、かなりアウェイな気分でした(笑)。
それがまた、面白かったですけど^^。

進行表は全員分ないうえに、サイド側の席はアナウンスも聞こえにくくて、「え?これ誰?」ってなってる人も多かったです。
せっかく素敵なイベントなんだから、ちょっと色々改善して欲しいなぁ・・・。
| ねこきち@管理人 | 2006/08/02 1:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akaneko.jugem.jp/trackback/162
トラックバック
当館のアイドル・ネココちゃん