<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.04.02 Wednesday | - | - | -
トリノオリンピック・女子フリー
なんて複雑な表彰台なんだろう・・って思ったのは、たぶん、私だけじゃないと思うんだけど。

ああ。表彰台の荒川さんを見るのはもちろん嬉しいし、国旗掲揚で君が代を一緒に歌ってる姿は、2004年の世界選手権の時もそうだったよね〜、と、もう一度、この高さで荒川さんを見ることが出来たことが本当に嬉しい。
なんといっても「オリンピックの金メダル」ですしね!

でも、スルツカヤ。
ソルトレイクのエキシビで好きになって、あれ以来、応援してきて・・。金メダルを取ってほしかった。強い無敵のスルツカヤを、オリンピックでも見たかった。
どんな結果になっても表彰台ではニコニコしていた彼女なのに、さすがに顔色も悪く、頑張って微笑みを作ってる姿を見るのは辛かった。

それから村主さん。
ああ、なんで表彰台はみっつまでしかないんでしょうね?あとひとつくらい、表彰台を増やしたって良いんじゃない?

そして、コーエン。
うーん。もう、彼女はねぇ・・。
強くなって欲しいなぁ。


しかし、ロシアの全種目制覇の野望と、アメリカの3連続女子金メダルの野望を打ち砕いちゃった荒川さん。すごいです。

第1グループ。6分間練習終了時、カメラに向かって投げキッスをしてる子が^^。余裕やなぁ・・。トルコの子かな?

FONTANA Silvia(イタリア)
あー、トゥーランドットだ。
スピンの両方回転。・・・微妙な感じやなぁ。。。
うーん、これを観てる時点では、すでに素晴らしいトゥーランドット姫を観てしまってるので、評価できません。。。
ただ、イタリアの代表って、何でプロ復帰組ばっかりなんだろう・・。

PAVUK Viktoria(ハンガリー)
体も柔らかいし、ひとつひとつの要素は悪くない感じなんだけどね〜。
技を、だた、つないでるような印象かな?

EFREMENKO Galina(ウクライナ)
羽毛がひらひらしてる衣装。
あ、サラバントか〜。マキシムバージョンかな?
調子が悪いのかな?もう少しスピードがあって、ジャンプが正確に決まれば、すごく好きな感じなんだけど。
リアシェンコと義姉妹なんだって。

MAXWELL Fleur(ルクセンブルグ)
すごく雰囲気があって、目が離せないんだけど、ジャンプが〜・・。(それで余計に目が離せなくなる^^。)
これでスケートの技術がついてくれば、すごい逸材なのに・・。
スパイラルやスピンも綺麗なんだけど、やっぱし、スケートが滑ってないような・・・。
この子は、バレエとかの方が向いてたんじゃ・・と心配したくなる感じも^^。

KARADEMIR Tugba(トルコ)
あ、この子や。さっきの投げキッス。
エキゾチックで素敵やね。動きがキピキピしていて好きな感じ。
初めジャンプが決まらなかったけど、完全に崩れてしまうことなく、まとめた。
演技後、また、カメラに投げキッスしてる^^。

KORPI Kiira(フィンランド)
応援席から、カウベルの音が^^。
3−3とか3−2−2のコンビネーションに挑戦。
ジャンプを頑張って決めていた。
有香さん、衣装がコガネムシみたいって・・・ひどいことを^^。

LIASHENKO Elena (ウクライナ)
うーん、出だしのジャンプからあまりクリアに決まらず。ちょっと調子悪いかな?
うーん、うーん・・・というまま、終わってしまった感じ。
腰の怪我の影響じゃないかということ。
ちなみに、ウクライナのユニフォームってカラフルで目立ちますね^^。

LEUNG Mira(カナダ)
あ、出た。マナカナそっくりさん。
チャイナ服で中国プログラム。
ジャンプは綺麗に決まるときは綺麗だし、スピンも綺麗なんだけど、何か動きが中途半端〜・・・
と思ってたら。
おおっ、ホントのラストに3−2−2のコンビネーション!更に柔軟性を活かしたコンビネーションスピン。
片手ビールマンは、この子の方が真央ちゃんより、空いてる手の位置が綺麗だと思う。
これからが楽しみな選手やな〜。
(しかし、この演技が、これだけの点数取っちゃうのが新採点だねぇ^^。)

SOKOLOVA Elena(ロシア)
ソコロワちゃん・・・。
最初の3−2−2や、終盤のコンビネーションはさすが。でも、何だか細かくミスが。
うーん。カッコいいロミオを楽しみにしてたんだけど・・。
ラストも曲に合ってない。
刈屋さんや有香さんにも言われてたけど、確かに体付きが絞れてないような印象も。
でも、キスクラでは笑顔が。
しかし、ソコロワちゃんも、スルツカヤも万全じゃなくて、もう一人は欠場って。個人の問題というより、何となく、ロシアの女子チームの体制の問題を感じちゃうんだけど。

LIU Yan (中国)
ぼーっとしてるうちに終わってたけど、きちんと決めていた模様。

HEGEL Idora(クロアチア)
「くるみ割り」だ〜。(ペトティホの4年前のSPの曲だ〜。)
衣装もバレエっぽい。
あ、SPの時、変わった服(有香さんに床屋さんって言われた服)の子か。全然感じが違う。
うーん、ジャンプが綺麗に決まらず、全体的にバラバラな印象。
SPの方が良かったし、あの雰囲気の方が似合ってるな〜。

SEBESTYEN Julia(ハンガリー)
綺麗に決まったジャンプは、すごく高くて気持ちよい。
決まらないジャンプが多くて辛かったけど、ラストの有名な「ハンガリー舞曲」の音楽に入ってからのスピンの連続は素敵だった。
クリアに決まった演技で見たかったな。


お、会場にカタリーナ・ビットが。サラ・ヒューズも、今日もいる。


POYKIO Susanna (フィンランド)
優雅で滑らかな雰囲気。出だしは3−2−2が綺麗に決まるけど、その後、ジャンプがほとんど2回転に。
ステップが遅いなぁ・・と思ったら、それ以後、スピードが落ちちゃったようで、ラストも曲とずれてしまった。
最初の勢いが維持できたら、素敵なジュリエットだったろうになぁ・・。

ANDO Miki(日本)
衣装は、SPよりは良いけど、何か重たそうな・・・。この服、何だか手が短く見えませんか・・・?
最初のジャンプで4回転挑戦!・・・だけど転倒。うーん、練習で転倒してた時よりは、かなり綺麗に跳べての転倒だったみたい。せめて4回転判定をもらえてると良いんだけど・・・(3回転判定だったようですね。)
でも、これは予測されてたこと!気持ちを切り替えて頑張れ!と思ってたら、後がボロボロに・・・。
曲が明るくて良かったよ・・。(これが「マイ・ファニー〜」だったら・・。)
ただ、何といっても滑り込み不足が明白で・・・。
全然、表現には至ってないし・・・。
有香さんも、かなり厳しいコメントを出してたけど、まさにその通りかも。
才能のある選手であることは、国内でも海外でも認められてるんだから、この経験を糧に、大きな選手に育って欲しいなぁ。
しかし、何だか周りに潰されてトリノに挑んでしまった印象で、衣装も、プログラムも、演技も、何もかも空回りしているようで、かわいそうに感じてしまった・・・。(しかし、あれだけミキティを持ち上げておきながら、手のひらを返したような態度のマスコミってすごいね。)

HUGHES Emily (アメリカ)
何なんでしょう、この子の力強さは^^。
何だか沈んでいた会場の雰囲気を、最初のジャンプで一気に明るく。
1回転倒したんだけど、全然そんなこと気にならない。
どーしてもお姉ちゃんの話題が出てしまって可哀想だな〜とは思うけど(どうしても演技でも、所々で、あ?似てる?とか思っちゃうし)、それを跳ね除けちゃう力強さがありますねぇ・・。
前に観たときは、でかいな〜という印象以外はなかったんだけど、今回、すっかり好感度UP。
今後が楽しみです。

MEIER Sarah(スイス)
あれっ?ちょっとびっくり!パンツスーツでカッコいいけど、私のイメージのサラ・マイヤーじゃないわ!フリーって、前からこれだった?
素敵なプログラムなんだけど、ちょっと全体的に不安定なのが残念かな?
スピンはさすがにスイスの選手!(形からランビエールを彷彿と^^。)
しかし、ただでさえ細いのに、更に細さが強調されちゃう衣装のせいか、ジャンプがハラハラするんですが〜。

ROCHETTE Joannie(カナダ)
ロシェットって、綺麗な滑りをするな〜とは思うんだけど、あと、何かひとつ欲しいなぁ・・と思っちゃうのよねぇ。
これもデビット・ウィルソン振り付けなのかなぁ・・。どうも、この人の振り付けって、単調で苦手かも・・。でも、良く知ってる曲だからか、これがロシェットの力なのか、「マイ・ファニー〜」ほど辛くは感じないけど。
力技で3−2−2の連続ジャンプを決めたわね!その後、ホントにホントのラストに入れたジャンプシークエンスは綺麗で見事!(これが総合5位の勝因?)
刈屋さんは、「愛の賛歌」が好きだそうです^^。

KOSTNER Carolina (イタリア)
コストナーちゃんも、かなりのプレッシャーの中で滑ってるのが明らかで、ミキティと同じような可哀想さを感じるのよねぇ。
スピード感が本当にすごい。
ただ逆に、スローパートを、もっと踊りとして魅せてくれるようになると、本当に素敵になると思うんだけどなぁ。
最初のコンビネーションは成功したけど、その後、ジャンプのミスが目立つ。
ラストのステップはスタミナ切れかな?
演技後、驚くほど大きなぬいぐるみがリンクに投げ込まれてた^^。


最終グループ。
「4年に1回。たった6人だけ入れる最終グループ!」っていう刈屋さんのコメントが良いね〜。

6分間練習。
コーエンが転倒してる。荒川さんとぶつかりかけたりと、何だかピリピリしてる感じ。
荒川さんは落ち着いてそう。ジャンプも綺麗に決まってる。
村主さんは、あまり調子が良くなさそう?(でも、有香さんは、「あ〜、村主さんはほっといても大丈夫よ〜」というニュアンス^^。)
スルツカヤも表情が堅い?
荒川さん。練習終わったときに笑ってるよ?何?何なの?その余裕は?!

GEDEVANISHVILI Elene(グルジア)
いきなり最終グループ入りってすごいな〜。
うーん、でも、SPの時のような勢いはないな〜。
ああ・・やっぱし、かなり緊張してるのかな?ジャンプが何回も抜けちゃった。
けど、とりあえず、何だか目を引く選手であることは間違いない。
残念ながら、今回はフリーでだいぶ順位を落としてしまったみたいだけど、今後が楽しみな選手です。

COHEN Sasha (アメリカ)
さて、コーエンだけど?
真っ赤で可愛い衣装。ジュリエットだね〜。
オープニングの表情は可愛らしい〜。
最初のコンビネーション転倒!
次のジャンプも手を付く。
あ〜、治ってなかったか!コーエン・・・!
でも、最初のジャンプ失敗の印象が強すぎて、ガタガタだった?というイメージだったんだけど、後で見直すと、きちんと立て直して、後半は(ベストではないと思うけど)しっかりコーエンの演技だわ。
なるほどね〜。だから、この点数なんだね〜。

ARAKAWA Shizuka(日本)
きゃ〜、綺麗な衣装。コーエンもスルツカヤもマイスナーも赤なんで、ブルーが余計に引き立ってよい感じ。
西洋人がイメージする美しい東洋人!という感じ。すごく素敵〜♪
ん?表情が硬い?なんて思ったけど、あ、そうか、トゥーランドットやもんね。最初は冷たい表情のお姫様じゃなくちゃ。
荒川さんは、ジャンプで転倒なんてないとは思うんだけど、ドキドキ・・・。
二つ目のコンビネーションは3−2。ああ、3−3じゃないんだ・・。そうか・・これで金メダルは無理か・・。(と、この時は思う。)
今日はY字スパイラルも綺麗。会場も盛り上がる。
ループがダブルになった以外は、ジャンプも綺麗に決まる。スピンも綺麗〜。
そして、イナバウアーからの3−2−2が決まる!うわ〜っ、鳥肌だよ〜!ここ最高〜〜!!!
ラストの、流れるようなストレートラインステップ。有香さんの声も涙声!
本当に何なんだ。この演技は。
点数が出る。この点数が表示される前に、会場が「うわ〜っ!!!」何?何?きゃ〜!パーソナルベスト更新だってよ!!!

SUGURI Fumie (日本)
ああ、最初のジャンプがドキドキ〜・・・だけど成功!
(昨日、恩田さんも指摘してた、いつもハラハラさせられる)村主さん苦手のサルコウも成功!
私、村主さんのスパイラルって好きだな〜。
ラストまで村主ワールドを展開。
拍手!
・・・だから、点数を見たときは、え〜、なんでこんなに点数伸びないの?と思ったんだけど。
後で落ち着いて見直すと、コンビネーションが2−2になっちゃった辺りから、スピードがちょっと落ちてきて、スパイラルの後、曲調が変わるあたりで曲からずれている。
ラストの高速スピンはさすがだけど、フィニッシュが曲とずれてるし。
何だか、公開練習や6分間練習の印象から、あまり調子は良く無かった感じがする。そんな状態の中でも、ここまでまとめたのは村主さんの力でさすが。
でも、多分、演技後の本人の表情からも、パーフェクトではなかったのは、結構分かってたんじゃないかなぁ・・。
でも、この日、スタンディングオベーションを受けたのは、荒川さんと村主さんだけ。それは間違いのない事実です。

MEISSNER Kimmie(アメリカ)
うーん。実はマイズナー、結構怖いかも。もし、神がかり的な演技をされたら、村主さんの順位には大きく影響しそう?
マイズナーも赤い衣装だ。
「シバの女王ベルキス」って、なーんかアメリカの選手が選ぶ曲ってイメージやなぁ^^。
ただ、あまりジャンプがクリーンに決まらず。それでも力技で、大きな失敗にはせず。
ラストのラストにコンビネーションを入れてくるのが、若い選手の特徴やねぇ。
SPの時ほどは、子どもっぽさも気にならなかったかな?(それでもまだまだ^^。)
やはり、今後が楽しみな選手です。

ああ、しかし。この時点で、1位荒川さん。2位コーエン。3位村主さん。
うわ〜。次、スルツカヤでしょ。スルツカヤは間違いないでしょう。絶対トップに来るはず!
金:スルツカヤ、銀:荒川さん、銅:コーエンか!
これって、私の予想(荒川さんOKバージョン)が大当たりなんじゃない?
・・・と、この時は、思ったのですよ。

SLUTSKAYA Irina(ロシア)
最初のジャンプが、ものすごく高くて綺麗。でも、コンビネーションじゃなかった。後半で入れるのかな?
3連続コンビネーション決まる。
うーん、でも、演技が進むにつれて、なーんかいつものスルツカヤの動きじゃない・・という印象が。
スパイラルが終わったあたり、何だか集中力が途切れていない?
・・と思ったら、あれ?コンビネーションが2−2に。
ここのコンビネーション。調子の良いときのスルツカヤなら、二つ目が片手上げジャンプになって、大好きなところなんだけど。
そして。
嘘っ!
その次のジャンプで転倒!!!!!
思わず、絶叫。
ええええええっ!?私、スルツカヤが転倒するところなんて、見たことないよ?
でも、この後は、スイッチを入れなおしたかのように、ジャンプを決め、それでもやはり、いつもより精彩は欠いている印象ながら、演技終了。
ニコニコしながら得点を待つスルツカヤだけど・・・
うわっ、技術点が伸びない。
頭を抱えるスルツカヤ。
スルツカヤ、3位に!

・・って。
うわ〜〜〜!!!!!
荒川さん。金メダルだよ〜っ!!!
モロゾフさん。すっかり日本チームに馴染んでますけど^^。
握手を求めて、タイミングが合わなくて、何回もスルーされてる男性が気になる〜^^。

銀メダルが決定したコーエンが映る。
何だかサバサバした表情。
ここ。何か、「しょーがねーじゃん」って日本語で言ってるように聞こえると我が家で話題(笑)。

表彰式。
銅メダルのコールに応えて笑顔で登場。
ああ、ショックだろうに、ニコニコ笑ってるのがスルツカヤだね・・。

銀メダルをもらったコーエンは、割と満足そうな表情。
銀メダルを、「へ〜」という顔でじっくり見てる姿が可愛いなぁ・・。

そして荒川さんに金メダル!
サマランチ会長。金メダルが、荒川さんの髪の毛のお団子に引っかかってますよっ!

ああ、さすがにこの時のスルツカヤの表情からは笑顔が消えて・・すごく無理しているのがよく分かる。

そして、トリノでは、もう聞くことはできないと思ってた君が代が!
だいたい、荒川さんが表彰台の真ん中に立つ姿って、すごく久しぶりじゃない?(どうやら昨シーズンのNHK杯以来。)

表彰式が終わり。ウィニングランへ。
ああ、すごいな〜。金メダルだよ〜っ!


村主さんの、後半は涙をこらえながらのインタビュー。
くやしかったんだろうねぇ・・。
ああ、ホント。何でメダルは3つしかないんだよ。
でも、4位だよ。世界で4位だよ!


荒川さんの、生インタビューを放送するまで、番組は続けます・・ということで、頑張ってトークを続ける有香さん、刈屋さん。
しかし、金メダリストは、色々とつかまっているようで、なかなかインタビューにならない^^。
やっと舞台裏に・・と思ったら、外国の局につかまってる。
先に、アメリカNBCのインタビュー。
でも、NBCは、荒川さん金予想をしてたそうです。そうか。そりゃぁ、仕方ないな。
佐藤有香さんも、(あまり言わなかったけど)荒川さん金予想だったらしい(笑)。

NBCのインタビュー。ちょっと遠くて、よく聞き取れないけど、恐らく「日本にとって、日本のフィギュアスケートにとっての初めての金メダルですが、どう思いますか?」って質問に、「I don't know, I was just surprised, surprised・・・」って、荒川さーん!I don't knowは無いでしょ〜!もうちょっとちゃんと答えようよ〜(笑)。
「スルツカヤのスコアを待つ間はどうでした?(この質問が特に聞き取れなかったけど、多分)」「I don't know.」「ナーバスだった?ハッピーだった?」「ハッピーでした!」荒川さん〜(笑)。
うふふ。金メダリストに対して何ですが、英語はダメ出しです^^。

そして、やっとインタビューに。
メダルでかいっ!
「メダルを取れるとは思ってなかったので、信じられません。ただただ、びっくりです」とのこと。

おめでとう〜♪
荒川さんは余裕があったことや、欲が無かったことが勝因ではないかという、佐藤さん刈屋さんの分析。

本当にねぇ。
実力的には、スルツカヤやコーエンと、互角に戦えるのは荒川さんだってことは、誰でも分かってたこと。(除く、日本のマスコミ。)
ただ、世界選手権優勝以降、キスクラで、ちょっと小首を傾げたような荒川さんの表情を、何回も見てきたことや、コーチ変更や、直前のプログラム変更が、どうなんだろう?本当に仕上がるんだろうか?っていう不安につながってたんだよねぇ。
それが、こういう形で思いっきり裏切ってもらえて、本当に嬉しい限りです。(複雑な思いがあるのは冒頭に書いたとおりだけど。)
そして、新採点の中で最高レベルの評価を受けつつ、感動的な演技をしてくれたことが、何より素晴らしいです!
本当におめでとう♪
2006.02.26 Sunday | トリノオリンピック | comments(13) | -
スポンサーサイト
2014.04.02 Wednesday | - | - | -
<< 君なら翔べる!―世界を魅了するトップスケーターたちの素顔 | main | イナ・バウアーやってば! >>
コメント
またもやお邪魔します(笑)。
エキシビジョンで改めてプルシェンコくんの凄さを思い知ったクンです。

>実力的には、スルツカヤやコーエンと、互角に戦えるのは荒川さんだってことは、誰でも分かってたこと。(除く、日本のマスコミ。)

(笑)同感。アメリカ・イタリアのマスコミも荒川さんに注目してたのに、日本は安藤選手に話題が集中してましたもんねぇ…18歳の割に子供っぽ過ぎる言動には共感できませんが、ちょっとかわいそうでした。彼女にとってトリノは良い勉強の場になったのではないでしょうか。バンクーバーに期待ってとこかな?でも、衣装はもっとスッキリしたデザインのほうがいいような気が…メイクも若いのにちょっと濃いですよね?十分ナチュラルでもいけそうなのに、もったいない。

村主さんは早速帰国してましたが、「大きなミスも転倒もないのに…今の採点基準にはまだ慣れない」みたいなコメントをしてました。でも、今シーズンの彼女のベストはやはり年末の全日本だった気がします。せめてジャンプのミスがなければ…と悔やまれるところですが、バンクーバーまでがんばるようですね。彼女らしい決断かな?エキシビジョンはステキでしたね。彼女のスパイラルとスピンは私も大好きです。

そういう意味では、オリンピックにピタリと照準をあてた荒川さんはスゴイ。何度見てもあの演技は感涙ですし…スタンディングオベーションが日本人の二人ってとこも誇れますよね。

今回の順位はメダルの色は私も複雑なのですが(もちろん荒川さんの金はメチャうれしかった!)、トップ3はやはり妥当な気がします。願わくば、全日本の時の様に皆(スルツカヤ&コーエン)がほぼノーミスで滑っての結果だったら…もっとうれしかったですが(苦笑)。贅沢か?
| クン | 2006/02/27 1:38 PM |
*クンさま
こんにちは〜♪
プルさん、すごかったですねぇ・・。
お口をあんぐりと開けて、見入ってしまいましたよ(笑)。

いや〜、手のひらを返したようなマスコミには、恐れ入りますね。
安藤さんは、今後どうなっていくのか心配ですよねぇ。
何だか今回は(というか今シーズンは)、自分でもどうしたら良いのか分からなくなってる感じがしました。
衣装とか、メイクも、その辺の迷いの表れかなぁ・・と思ったり。
「火の鳥」の頃の、憎らしいほどジャンプを決めてた安藤美姫に戻ってきてもらいたいです。

村主さん、もう帰ってきてましたねぇ。びっくりしました。早速、練習するつもりのような気がします^^。(さすがだ^^。)
メダル取れなくてごめんなさい・・って謝ってましたけど、謝る必要なんてないのに!
でも、村主さん自身も、世界選手権のメダルは持ってるわけだし(2回も)、オリンピックのメダル、欲しかったんでしょうねぇ。

ああ、私も、全日本最終グループみたいな演技で争って欲しかったです。
贅沢かもしれませんが、あの最高の戦いを見ちゃったら、望んじゃいますよねぇ?
荒川さんの金は、もちろん嬉しいんですが、マスコミみたいに手放しに「わーい♪」とは言えませんね。
| ねこきち@管理人 | 2006/02/27 3:19 PM |
うおぉぉ〜
今、TVで松岡修造氏が爆弾発言を!
 「(フィギュア強化部長の)城田さんが現地に早くから入り、事前にトリノの人(音響関係者?)と仲良くして、荒川さんの曲(トゥーランドット)の時だけ、音量を大きくしてもらってた…」
  …音楽のボリュームが大きくなることによって、会場の観衆の心はつかみやすくなるそうです。
おい、おい、それって…
 なんか、素直に喜べなっちゃったな…

やっぱり、いろいろあるのね、裏では…
| みんみん | 2006/02/27 11:20 PM |
*みんみんさま
それって、音響関係の人、どこの国の責任者にも「あんたんとこの選手の時、大きくしたるで〜」って言ってそうかも(笑)。イタリア人って調子良さそうだし^^。
観客の反応だけでメダルが決まるんだったら、村主さんもメダルのはずですしね。
氷の状態についても、何だか同じような話を聞いたことがありますし、多分、修造が知ったかぶりで言ってるだけで、取り立てて騒ぎ立てるようなことじゃないんじゃないかな?と想像。
第一、荒川さんの演技が素敵だったことや、あの場の観客が感動していたことに嘘はないですしね^^。
| ねこきち@管理人 | 2006/02/27 11:59 PM |
ねこきち様

早速のご返答ありがとうございます。
 そうっか、そうですよね〜
あの、イタリア人ですものねぇ〜
よかった…
   (ホッ)
取り乱して、申し訳ありません…
安心いたしました。
| みんみん | 2006/02/28 12:20 AM |
*みんみんさま
テレビで色々言われると、ドキドキしますよねぇ。
修造だけじゃないけど、ホント、マスコミって・・。
| ねこきち@管理人 | 2006/02/28 10:10 AM |
ねこきちさん、こんばんは!
遅くなりましたがお邪魔します・・・。
こちらにいらっしゃる方々みなさん、ツワモノ・フィギュア・ファン(笑)なので、
出る幕ないのですが・・・一言だけ。(^^;

フリーの荒川選手の滑り、どこをどう取ってみても一番伸び伸びと体中で音を表現していましたよね。特に3連続ジャンプの後のステップのとこ、両手を大きく後ろに回すところなんか、袖の長い中国服のトゥーランドット姫が憑依したかのように見えました。
まさに氷とスケート靴とが吸い付くようでしたし。

コーエン選手がいみじくも言ったという、「今夜は私の夜じゃなかった(静香のための夜だったわ)」ってことなのか・・・。

私も金が決まったときの、荒川選手の後ろのおじさんが気になりました。
あんなに無視しなくてもいいのにね(^^;
| たまき | 2006/03/01 12:13 AM |
*たまきさま
おいでいただき、ありがとうございます♪
ここでは、明らかに管理人が一番「にわかファン」ですので、遠慮なさらず書き込みしてくださいませ!

荒川さんの滑りって、ほんっとうに!美しいですよねぇ。
あの衣装も、トゥーランドット姫そのもののようで素敵でした〜。(うっとり^^。)
荒川さん一人、異常なほどに冷静でしたもんねぇ。まさに、荒川さんの夜だったんでしょう。

>後ろのおじさん
気になりますよね(笑)。
荒川さんも、わざとではないんでしょうが^^。
後でちゃんと握手してもらえたのかな?
| ねこきち@管理人 | 2006/03/01 10:00 PM |
後ろのおじさんにあれだけ肩を叩かれても気付かないほど、
荒川さんも「ぽ〜〜っと」なっていたんでしょうね。
してみると、演技中はとても冷静で落ち着いていられた(無我の境地?)
けれど、終わっていざ、メダルが眼前に近寄ってきてから
夢心地・・・になっちゃったのかな?(^^;

おじさん・・・タイミング悪かったんですよね・・・かわいそ。
| たまき | 2006/03/03 12:07 AM |
*たまきさま
荒川さん、しきりに「びっくりしました」って言ってましたもんね〜。

おじさん、可哀想ですよねぇ。
また、それがしっかり、全世界に放送されちゃってるのも。。。
| ねこきち@管理人 | 2006/03/03 1:29 AM |
こんにちわ。今回のオリンピック女子フィギュアスケートのプログラムすべて生放送で観てました。日常のライフワークを犠牲にして(笑)。印象に残ったのはショートプログラムはほとんどの選手が演技終了後満足感のある表情やリアクションをしていたのにフリーの方ではなかなか「私はやったわよー!!」っていう笑顔を魅せてくれる選手がいなかったような気がします。あと荒川選手の金メダル確定の後、握手を求めていた後ろのおじさんロシアのプーOン大統領にそっくりだと思ったのは私だけでしょうか?
| しんのすけ | 2006/03/03 9:23 PM |
はじめまして。
調べ物をしていた時にこちらへ偶然辿り着いたんですが、とても共感したので書き込みさせていただきました。

私のフィギュアスケート好きを知っている友人達が、フリー終了後から「荒川さん感動した」みたいなメールを続々と送ってきてくれるんですが(確かに荒川さんの演技は感動モノだったんですが)、私はスルツカヤが好きなので心から喜ぶことはできず、ずっともやもやしてたんです。
だから、こちらで「でも、スルツカヤ。」の一行を見た時は「そう! そうやねん!」とすごく嬉しくなってしまいました。
しかも、「ワン・モア・ジャンプでフィギュアスケートを勉強した」ってところまで同じなんですよ(笑)。

ではでは、またちょくちょく覗かせていただこうと思っておりますので、よろしくお願いします<(_ _)>
| 奏 | 2006/03/04 12:45 AM |
*しんのすけさま
お疲れ様でした^^。眠い毎日でしたよねぇ。
フリーの方では満足な演技をできた選手が少なかったというのは、私もちょっと感じました。
なんか、後半崩れてくる選手も多くて、このリンクって、標高の高いところにでもあるの?と思っちゃいました^^。
おじさん、プーチンさんに似てましたか?また録画で確認してみます〜。

*奏さま
はじめまして♪
調べ物のお役には立てなかった自信はありますが、こうして書き込んでいただいてありがとうございます!

ああ、一緒ですね〜!
私も、「おめでとう!」と友人たちから言われたんですが、ものすごーく微妙な気分でした。
未だに何だか淋しい気持ちでいっぱいです。いえ・・もちろん、荒川さんのメダルは嬉しいんですけどね〜。

>ワン・モア・ジャンプ
わーい、仲間ですね!
あれは、フィギュアスケート初心者の教科書ですよね(笑)。

どうぞ、こちらこそ、よろしくお願いします♪
| ねこきち@管理人 | 2006/03/04 10:28 PM |
コメントする









当館のアイドル・ネココちゃん